ニューモデル紹介 スズキクロスビー

投稿日:

クロスビー
クルマ高く売り隊が厳選してお届けする新車情報、今回はスズキのクロスビー(2017年12月発売)を紹介します。

その外観から「あれ?またハスラー??」と思った方も多いかもしれません。しかし似ているのはフロントマスクだけ。よく見ると全く違うクルマに仕上がっているのです。

それではクロスビーの特徴をいくつかのポイントに絞って見ていくことにしましょう!

ありそうでなかった小型クロスオーバーワゴン

「使いやすく広い室内空間を持つワゴンとSUVの楽しさを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン」を開発コンセプトにしたというクロスビー。

その狙い通り、クロスビーが属するAセグメントを見渡してみても他には見当たらない、まさに新ジャンルを打ち立てる車と言えそうな仕上がりとなっています。

グレードは「ハイブリッドMX」と、上級グレードの「ハイブリッドMZ」の2種類で、それぞれFFと4WDをラインアップ。

それでは3つのポイントに絞って紹介していきましょう。

  • 1:コンパクトに見えて、実は広い居住空間
  • 2:1000ccターボ+マイルドハイブリッドを採用したエンジン
  • 3:充実の先進安全装備

 

見た目はコンパクト、でもその懐は深い!

正面から見るとハスラー、後ろに回るとミニ・クロスオーバーに似ていなくもないその外観はとてもコンパクト。そしてちょっとふっくらとしていて可愛い。

実際、ボディサイズは全長3760mm、全幅1670mmと、5ナンバーサイズ。最小回転半径も4.7mと取り回しも良さそうです。

ホイールベースは同社のコンパクトカーであるイグニスのプラットフォームを使用しているため2435mmで同じサイズ。じわじわと大型化している最近のクルマの中で、逆にその小さなボディが目を引くかもしれません。

 

見た目を裏切る広さ

しかし、ここからがクロスビーの真骨頂。ホイールベースはイグニスと同じサイズですが、全長が60mm、全高にいたっては110mmも高くなっているのです。

この小さい外見ながらも広い室内空間を確保することで生まれた大きなアドバンテージの一つが、高めに設定されたヒップポイント。これにより乗り降りが楽に、またドライビングポジションが高くなったので見晴らしも良くなり運転しやすくなりました。

もう一つが前後の乗車席の距離の確保。イグニスに比べ155mm長くなり、どの席を利用してもより快適なドライブを約束してくれるでしょう。

さらに付け加えたいのが荷室の拡大。後席を後ろに下げた状態で124L、後席のシートバックを倒せば520Lを確保。

実は先ほど触れたクロスビーの「ふっくらとしていて可愛い外観」の秘密はここにあったのです。小さいボディに余裕のある荷室を持たせるために、リヤを絞り込まないふっくらとしたデザインになっていたんですね。

小さいスペースを最大限大きく使うための様々なアイデアは、「軽自動車を知り尽くしたスズキ」だからこそと言えそうです。

 

エンジンは1000ccターボ+マイルドハイブリッドを採用

パワートレーンは全車で1000cc直3ターボエンジンにモーター機能付き発電機IGSを組み合わせたマイルドハイブリッドを採用。

ここで注目すべきはトランスミッションにCVTではなく6速トルコンATが組み合わされていること。

CVTに比べアクセルレスポンスが高まることで、SUVらしい力強くダイレクトな加速を楽しめそうです。

 

気になる燃費は22.0km/l

さて、気になるのが燃費です。JC08モード燃費で2WDが22.0km/l、4WDは20.6km/lとなっています。

これは動力性が高く、車高が高いSUVというクロスビーという車の性格を考えると優れた数値と言えるでしょう。

ちなみに1000cc直3ターボエンジンは同社のスイフト RSt(2WD)にも採用されていますが、マイルドハイブリッドは搭載されていません。そのRStの燃費が20km/l。クロスビーの2WDの燃費が22.0kmですから、マイルドハイブリッドが10%の燃費向上に貢献しているということが数字から見て取れますね。

 

充実の先進安全装備

新型車だけに、安全装備も最新のものが装備されています。

上級グレードにあたる「ハイブリッドMZ」には数々の先進技術を標準装備。もちろん「ハイブリッドMX」にもオプションで搭載可能です。

 

ハイブリッドMZはデュアルセンサーブレーキを標準装備

上級グレードのハイブリッドMZにはデュアルセンサーブレーキサポートを標準装備しています。これは単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせて前方の車両や歩行者を検知して衝突被害の軽減を図るシステム。

衝突のおそれがあると判断すると、ブザー音やメーター内の表示によってドライバーに警告。強くブレーキペダルを踏むと、ブレーキ踏力をアシスト。衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図るというものです。

 

後退時ブレーキサポートも搭載

先日発売された新型スペーシアに続き、「後退時ブレーキサポート」をハイブリッドMZに標準装備(ハイブリッドMXはオプション)。これはスズキの小型車で初搭載となります。

ちなみに、後退時ブレーキサポートとはリヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物との距離を測り、障害物の接近を知らせるというもの。

さらに、後方の障害物との衝突の可能性が高まると自動ブレーキが作動し衝突の回避または衝突時の被害軽減を図るという安全技術です。

加えて前方・後方誤発信抑制、車線逸脱警報、ふらつき警報なども搭載。

また、オプションにはなりますが「全方位モニター用カメラパッケージ」を全グレードに搭載。

これはフロント、リヤ、サイド2カ所の計4カ所に設置したカメラの映像を合成・処理し、真上から見ているような映像を映し出すことで、死角となる車両の周辺の状況を確認できるようにしたもの。

周囲を立体的に確認できる「3Dビュー」と、左右から人や物が近づくとお知らせする「左右確認サポート機能」を搭載し、安全確認を支援するというシステムです。

安全装備は各自動車メーカーともに最新の技術を注ぎ込んでおり、スズキも例外ではありません。燃費などと並んで、クルマ選びの条件に欠かせないものとしてすっかり定着してきましたね。

 

まとめ

駆け足で見てきたスズキのクロスビー。この一台にいろいろなものを詰め込んで遠くまで出かけたくなるような、非常にアクティブな印象の車に仕上がっているようです。

ちなみに2018年1月の販売台数は2,442台で、この数字はスズキのラインアップの中で3番目の数字。ハスラーからの乗り替えも多そうです。

まさに「ワゴンとSUVの楽しさを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン」。この車の誕生で、ありそうでなかった「小型SUVワゴン」という新ジャンルが熱くなってくるかもしれませんね。

もちろん、車高く売り隊でも追いかけていきますよ!

【ハイブリッドMZ(FF)】
●全長×全幅×全高:3760×1670×1705㎜ ●室内長×室内幅×室内高:2175×1355×1280㎜ ●ホイールベース:2435㎜ ●車両重量:960㎏ ●最小回転半径:4.7m ●エンジン種類:直3DOHCターボ+モーター ●総排気量:996㏄ ●最高出力:99馬力/5500回転 ●最大トルク:15.3㎏-m/1700~4000回転 ●タンク容量:32ℓ ●燃費:22.0km/ℓ

 
>ハスラーの買取情報はこちら
 

クロスビー コンセプトモデル

東京オートサロン2018で展示されたウィンターエディション

 

-わかる!自動車時世

Copyright© クルマ高く売り隊 - 愛車高価買取ノウハウ集 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.