【ハイエース専門店編 vol.1】クル高うるみ隊長、ハイエース専門店へ!ガレージハヤシオートワークス

投稿日:2018年9月3日 更新日:

ハイエース専門店 ガレージハヤシオートワークス

この記事のポイント:
ハイエースのリセールバリューは高い!
ハイエースの査定ポイントはここ!
ハイエースをより高く売る小技

 

家族の送り迎えや通勤、はたまたレジャーまで、車は私達の生活になくてはならない存在。

日々のメンテナンスや車検はもちろん、いずれは買い替える時が訪れても、少しでも経済的な負担を小さくして買い替えたいものです。

そこで、我がクルマ高く売り隊取材班は、2回目の突撃取材において3Dとなったうるみ隊長と共に、1つのジャンルに特化した専門ショップを取材してきました。

今回は、お仕事で使うプロの方から、サーフィンやキャンプなどの趣味にまで大人気の“トヨタ ハイエース”にフォーカス。

ハイエースが高く買取られる理由、高く売却するための秘訣、さらに、なかなか表に出ていない貴重な情報までご紹介します!

 

今回のハイエース専門取材協力ショップ紹介

ガレージハヤシオートワークス

今回我々の不躾な取材にご協力いただいたのは、千葉県花見川区にある「ガレージハヤシ オートワークス」さん。

千葉県内でも有数の“クルマ屋街”である国道16号線沿いに並べられた車は、USDM仕様のシビックが並び、スタンスやローライダー系のカスタムショップかな?という外観。

しかし、店主の林さんは、関東に住むハイエース好きなら誰でも1度は聞いたことのある、某有名ハイエース専門店の出身で、キャンピング系からドレスアップ系のカスタムまで熟知したハイエースのスペシャリストなのです。

もちろん、カスタムだけでなく、買取や販売にも精通しており、ハイエースのことならなんでも相談に乗ってくれる頼もしい存在で、多くの方が思っている素朴な疑問にバシッとお答えいただきました!

ちなみに、店頭に並んでいるUSDM仕様のシビックは、林さんの趣味ということですが、最近ではUSDM好きのお客様も増えているそうです。

>【ハイエース編 vol.2】クル高うるみ隊長直撃取材!ハイエースって高く売れるの?

 

ハイエースのリセールバリューが高いのは本当か?

では早速、ここから、みなさんが思っている素朴な疑問について、我がクルマ高く売り隊の隊長である”高久うるみ隊長”が皆さんを代表して聞いていきます!

※は=林さん う=うるみ隊長

う「ハイエースはほかの車種に比べてリセールバリューが高いって言うけど本当なんですか?」

は「はい、本当です。もちろん個体差はありますが、同じような年式の他車種と比べて、ハイエースのリセールは良いと思いますよ。」
※リセールバリューとは、再販価格のことで、リセールが良いとは、新車の価格と比べて、中古として売却した際に、価格の落ち込みが小さいことを意味します。

う「なるほどぉ。でも、ただ”良い!”と言われてもイマイチ納得できないんですが、具体的な理由はあるんですか?」

は「具体的にとなると難しいですが、ハイエースはさまざまな用途に使われていることが、リセールバリューが高い一番の理由だと思います。お仕事から、趣味まであらゆる使い方に対応できるのがハイエースの大きな魅力ですね。」

 

30万kmも当たり前!?シンプルで頑丈なハイエース

う「つまり、使う人が多ければ欲しい人も多いということ?」

は「そうです。それに、基本的にはバンなので、重たい荷物を載せ、長い距離を走ることを想定して頑丈に作られています。それと、万が一故障した場合でも、構造がシンプルなので修理しやすいんです。」

う「そっかぁ。重要な部分は頑丈にできていて、壊れても修理しやすければ長く使えますもんね!」

は「そのとおり!もともと国産車は海外で人気ですが、特にハイエースの人気は高くて、20万kmを超えている個体でもすぐに売れてしまうんです。海外に限らずウチのお客さんでも30万km以上乗っている方もいますからね。」

う「30万km!!私なんて10万km超えたら車は駄目になると思っていたのに・・・。それだけ長く使うことができるから、輸出することで高く売れるんですね!」

は「そうです。でもハイエースを売るときには、大切なポイントがあるんですよ」

う「え!?なんですか?そのポイントってなんですか??」

 

ハイエースを売るなら専門ショップはマスト!

は「それは、きちんとハイエースをわかっているショップや買取店に査定してもらうことです。ハイエースは色々な使われ方やカスタムをされているということと、ハイエース特有のポイントがあって、わかっていないと高く買取れないんですよ。」

う「ほほぉ。それはウチに売りに来い!ということ?」

は「いえいえ(笑)。そうではなくて、一般的な買取店やディーラーだと、20万kmのハイエースは、ただの古くてボロボロの車という評価しかできない場合があるということです。だから、走行距離が多いハイエースほど、専門ショップに見せたほうがより高く売れる可能性があるということです。」

う「そっかぁ、作りやパッケージが特殊で、色んな使われ方をしているハイエースだからこそ、専門ショップの知識や経験がないと、細かな点まで含めた査定ができないんですね。」

は「はい。距離を走っている方はもちろんですが、内外装のカスタムをされている場合も、専門ショップで査定を受けることをオススメします。」

 

ハイエースを査定してもらう際のポイント

ガレージハヤシオートワークス

他車種に比べて、ハイエースは、年式が古く走行距離を走っていても高値で売却できるということがお分かりいただいたところで、次に、ハイエースだからこそチェックしている査定ポイントを教えていただきました。

 

ハイエース査定はココを見る!

基本的に通常の査定と大差はないものの、仕事からレジャーまであらゆる使われ方をしているハイエースを査定する際に、特に注意深くチェックしているポイントを5つを挙げていたきました。

 

  1. ルーフ
  2. バックドア(閉まり)
  3. メンバー(特にフロント)
  4. カーペット
  5. 内装

 

 

ルーフ

もともとワンボックスタイプのため、天井が見にくいということもありますが、天井(ルーフ)の傷や凹みは念入りにチェックしているとのこと。

ハイエースはプロの職人さんにも大人気で、天井にはしご(脚立)や荷物を乗せて走っている姿を見かけたことがあると思います。

すると、どうしても上げ下ろしの際、天井に当ててしまうことがあり、傷や凹みが付きやすいポイントだということです。

 

バックドア(閉まり)

中古車を購入する際、事故車(修復歴車)かどうかは、皆さんがもっとも気にする点だと思いますが、ハイエースの場合、半分から後ろを破損する事故が多いのが特徴。

特に、開口部の大きいバックドアは、衝突の影響をもっとも大きく受けやすい部分のため、通常通りの開閉動作ができるかどうかをチェックする必要があります。

 

メンバー(特にフロント)

ホイールベースの長いハイエースは、どうしても下回りを擦ってしまうことが多く、特にエンジンの下にあるクロスメンバーは良くぶつけてしまうポイントです。

多少擦っている程度であれば問題ありませんが、凹みや損傷がひどい場合は査定に響いてしまう可能性があります。

 

カーペット

一般的な車種に比べ、走行距離が多くなりがちなハイエースは、ずっと右足のかかとが触れている部分など、フロアカーペットが擦り切れてしまっている場合があります。

簡単に取り外せるフロアマットとは違い、フロアカーペットの交換はかなりの時間と手間が掛かるため、査定に影響する部分です。

とは言え、運転していれば必ず擦れてしまうものですので、気になるという方は、市販のマットなどを引いて対策してみても良いかもしれません。

 

内装

キャンピング仕様や車中泊などに使用している人、また、喫煙率が高いのもハイエースの特徴です。

そのため、どうしても車内の汚れが付きやすく、あまりに汚れがひどい場合は、天井の内張りを取り外し、洗浄作業をする必要があります。

天井の内張りを下ろすという作業は、かなり骨の折れる作業。

林さんのような専門ショップの場合は自分たちで作業してしまいますが、いわゆる買取専門店やディーラーでは専門のクリーニング業者に外注するため、その分費用がかさみ、買取額に大きく影響してしまうのです。

 

うるみ隊長の聞きにくいこと聞いちゃうよ!のコーナー

ガレージハヤシオートワークス

本日はいろいろと貴重なお話をお伺いしていますが、せっかくなので、ネットや巷で噂されている情報は本当なのか、また、普段なかなか聞きづらいことをズバッと聞いてみました!

 

査定前の洗車って意味あるの?

ネットでよく話題として取り上げられている“査定前の洗車”ですが、プロの目線から見て効果の程はどうなのでしょうか?

う「査定前に洗車をすると有利だって聞いたことがあるんですが、実際のところどうなんですか?」

は「査定前の洗車で、劇的に査定額が上がるということは決してありません。ですが、ドロドロの状態よりも綺麗にされている方が、あ、この人は車を大切にする人なんだな、と言う好印象に繋がります。」

う「査定額が上がらないのにわざわざ洗車するのは無駄に思えるけど・・・。」

は「いえ、無駄ということもありませんよ。どんなに頑張って確認しても、査定ですべてを見切れるわけではないので、大切にされていたという印象がとても大事なんです。」

う「この人からなら安心して買取れる、と思ってもらうということですね!」

は「そういうことです。」

 

つい高く買取りたくなっちゃうお客さんはどんな人?

う「では、思わず高い価格で買取ってしまいそうになるお客さんてどんな人ですか?」

は「なかなか難しい質問ですね・・・。強いて言えば、こちらが聞いてもいないようなことまで話してくれるお客さんですかね。」

う「ぶつけたとか擦ったとか、いろいろと情報を先出しして来るお客さんですか?」

は「そうです。さっきもいったように、査定する側は見落としがないように細心の注意を払っていますので、信用できるお客さんの場合はついつい信用して高値を付けちゃうこともなくはないです。」

う「ぶつけた情報とかはついつい隠したくなりますが、素直に話すことが重要なんですね。」

は「僕らも一応プロですので、どんなに隠したところである程度は分かってしまいますからね。自分がセールスマンになった気持ちで、愛車の良いところだけじゃなく、マイナスな情報もきちんと伝えれば、買い取る側も安心して買い取りができます。」

 

ぶっちゃけ査定で隠し事をしたらどうなる?

う「素直に話せば信用してもらえるってことは、うまくごまかせれば・・・。」

は「え!?いやいや。それはやめたほうが良いです。さっきも言ったように、プロの目は誤魔化せませんよ(笑)」

う「でも、表面が綺麗になっていれば、その奥は見えないし・・・ゴニョゴニョ・・・。」

は「いや、だから(笑)、プロにしかわからないポイントってのがありますし、話していればなにか隠しているな、ということぐらいはなんとなくわかります。」

う「じゃあ嘘を付くとかえってマイナスですか?」

は「当然です。(笑)嘘を付いている、何か隠していると感じたら、いつも以上に注意深く査定しますし、安全マージンを取るため高値をつけることができなくなってしまうんです。」

う「なるほど、やはり素直が一番ですね!」

は「繰り返しになりますが、とにかく自分がセールスマンになったつもりで、車の良いところを目一杯アピールして、ネガティブな要素もちゃんと伝えてください。僕らとしては信用できるお客さんなら、多少高くても買取りたくなるものなんです。」

 

うるみ隊長の感想

今回のインタビューでわかったことは、やはり相手はプロだと言うこと。
査定でのごまかしが効かないのはもちろんのこと、それまでどの程度大切にしてきたかということまで伝わってしまいます。

また、ハイエースは、仕事からレジャーまで、幅広く使われる大人気車種なだけに、林さんのようなハイエースのプロに査定してもらうことが大切だということも良くわかりました。

せっかく大切にしてきた愛車を手放すなら、“ガレージハヤシオートワークス”さんのような専門ショップは外すことができませんね!

 

ハイエース専門店「ガレージハヤシオートワークス」さんのご紹介

ガレージハヤシオートワークス

ガレージハヤシオートワークス
千葉市花見川区内山町256-2
TEL:043-306-9211
HPアドレス:http://www.garagehayashi.com/
Email:info@garagehayashi.com
営業時間:10:00~20:00(水曜定休)

>【口コミ】ハイエースを高く売ろう!

-売却ノウハウ集

Copyright© クルマ高く売り隊 - 愛車高価買取ノウハウ集 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.