【中古車高値売却】高く売るコツはこれ!

投稿日:2017年8月30日 更新日:

この記事のポイント:
買取業者が結果トク!下取り・買取りの違い
必ず見積比較を!業者によって査定差大!
売却は3月&9月が有利!

生活環境の変化で車を買い替えることになった、転勤することになり車が不要になったなど、車を手放さなくてはならないという方もいらっしゃるでしょう。

大切に乗ってきた愛車を手放すのであれば、1円でも高く売りたい、損をしたくないと思うのはごく自然なことと言えるのではないでしょうか。

車を売却する方法はディーラーでの下取りや、中古車買取専門店への売却、ネットオークションなどさまざまな方法がありますが、この記事では買取業者に高く買い取って貰うためのポイントやコツをご紹介していきます。

 

中古車買取業者へ売却を

車を少しでも高く売却したいのであれば、ディーラーの下取りよりも買取業者の方が高く買い取って貰える傾向にあります。

買取りと下取りの価格差は、車種や状態により違いはありますが、買取りの平均相場は下取りの平均相場よりも5万円~15万円高いというデータがあるほど

では、なぜ買取りと下取りではこれほどまでに差が出てしまうのでしょうか?

ディーラーと中古車買取業者はココが違う

ディーラーと中古車買取業者の決定的な違いは、何で利益を上げ、何を目的に営業しているかということです。

買取専門店は、買取専門と言うだけあり、中古車を買い取ることを主な業務としており、買い取った車をオークションや自社の販売店などへ転売し、その差額で利益を得ています。そのため、1台でも多く買取る必要があるのです。

一方ディーラーの主な業務は、新車を販売することであり、下取りはあくまでも新車を購入してもらうために行っているサービスの一環にすぎません。

そのため、下取りした車で大きな利益を上げる必要はなく、極端な言い方をすれば、下取り車は無くとも新車が販売できれば良いということになります。

このように、商売の目的が全く違うため、車の買取りにおいては、ディーラーでの下取りよりも、中古車買取専門店での買取りの方が高く売ることができるのです。

 

高値を引き出すには中古車買取業者へ

先述したように、中古車買取専門店は買い取りをした車を転売することで利益を上げているため、車を高く転売できるルートや知識を豊富に持っています

例えば、通常のオークションに出品しただけでは高く転売できないような車でも、海外へ販売できる独自のルートを持っており、直接輸出することで日本国内よりもはるかに高い金額で転売できるのです。

また、ご存知のように、現在の日本には全国規模で展開しているような大手買取業者から、地域密着で長年営業している小規模な買取業者まで、実に多くの買取専門業者が存在します。

それだけ多くの買取業者が存在するということは、その分競争が激しいということであり、どの業者も1台でも多く買い取るために力を尽くしているのです。

かたやディーラー同士でも競争はありますが、それはあくまでも新車の販売台数であり、下取り価格や下取りの台数で競う必要は全くありません。

このような理由から、買取りに特化している買取業者に売却する方が高く買い取って貰える可能性が高いのです。

>うるみ隊長が行く!出張査定の現場に突撃取材

安心!あのカーセンサー運営の簡単ネット車査定
> 愛車の査定額を調べてみる

売却先を決めたら必ず相見積を

高く売るため買取業者に査定を依頼したところ、ディーラーの下取りよりも高い査定額が出たからと言って、1社のみで即決してはいけません。

より高く売却するためには、複数の買取業者から査定見積もりを取り寄せることが、車をお得に売却するためには大切なポイントなのです。

即決はせずに相見積を

買取専門店であればどこでも同じような査定額が出るということではなく、その買取業者によって得意不得意があり、査定金額が大きく違うことがあります。

自社内に大きな販売店舗を持っているような業者であれば、自社内の在庫が少なければ少々高い価格でも買い取りたいと考えるでしょう。

逆に、豊富に在庫を抱えている車種の場合は、利益を大幅に削ってでも買取りたいとは考えないはずです。

また、買取店の中には、馴染の顧客から欲しい車の要望、いわゆるバックオーダーを受け付けていることもあるため、そういった車種であれば当然相場以上の高値で買い取って貰うことができるでしょう。

このように買取店によってどうしても価格差が生まれてしまうため、可能であれば5社程度、少なくとも3社以上から査定を受けて相見積を取ることが必要です。

そこで、必要事項の入力が1度で済み、査定来可能な複数の買取業者に査定の申し込みができる一括査定見積サイトを利用することで、大幅に手間を省くことができるでしょう。

>もっと詳しく「車売却一括査定で高く売ろう!」

 

売却時期を考えよう

中古車の買取相場というのは、さまざまな要因によって日々変動しています。

人気俳優がドラマの劇中で乗っていただけでもその車種の人気は上昇しますし、ガソリン価格の高騰が続けば、ハイブリッド車などの低燃費車の人気が上がります。

中古車の相場というのは、その時の世相や時代の流れによって大きく影響を受けるのです。

そしてもう一つ、中古車には高く売れる時期が存在し、その時期に車を売却することが高価買取を狙うためのポイントになっているのです。

売る時期によって査定額が変わる?

例えば、皆さんがキャンプやレジャーに出かけたくなる夏休みの前には、ワンボックスやミニバンといった車種の需要が高まりますし、11月あたりからは、雪道でも安定して走行できる4WD車の人気が高くなります。

つまり、高く売却することを考えるのであれば、売却しようとしている車種の需要が高まる少し前に売却すれば、そのほかの時期に売るよりも高く買い取って貰える可能性が高くなるのです。

 

売却には3月、9月が有利

買取相場は車種ごとの需要の変化だけではなく、年間を通して高く売れる時期があり、それが車業界では繁忙期と呼ばれる3月と9月なのです。

なぜこの時期なのかというと、まずディーラーでは期の目標台数をクリアするため、通常月よりも多くの台数を販売していることが挙げられます。

また、3月~4月は人々の生活環境が大きく変化する時期でもあるため、新たに車を購入する人が増える時期であるとも言われているのです。

以上のような要因により、3月と9月は販売される台数が多い月であり、当然中古車市場においても販売台数が飛躍的に多くなるタイミングということになります。

そのため、販売できる車を1台でも多く確保する必要があるため、通常月よりも中古車のオークション相場は高騰し、結果的に高価買取が期待できる時期と言えるのです。

もしも売却を急がないのであれば、3月や9月といった高く売れやすい時期まで待つというのも、車を高くお得に売却するコツと言えるでしょう。

中古車売却 ~ 相手の立場も考えよう!

中古車買取業者が買い取った車を転売することで利益を上げているということは、「高く買取ります!」と言ってはいても、本音は少しでも安く買い取り、転売での利益を増やしたいというのが本音。

また、買取業者に利益がほとんど出ないような状況では、そもそも車買取という商売が成り立たないことになってしまいます。

しかし、私たちユーザー側としてみれば1円でも高く買い取って貰いたいと考えていますので、どうしても業者側と利害が対立してしまうのは避けることができないでしょう。

そこで、高く買い取って貰えないからと無理に交渉しても買取価格が上がることはありませんし、無理な契約を結んだ結果、あとあとトラブルに発展してしまっては元も子もありません。

1円でも高くお得に車を売却するために、私たちユーザーが取るべき効率の良い方法は、高く買い取ってくれる業者を見つけることであり、本当にその車を欲しがっている業者に売却することです。

そのためには1社でも多くの中古車買取業者を知り、しっかりと業者を選ぶことが必要ですので、一括査定見積サイトなどを上手に利用することをオススメします。

 

今、スグ、あなたに役立つ5社を厳選ご紹介。

1)最大手一括査定:カービュー
Yahoo!グループの日本最大級一括査定サービス!だから納得の査定額が出る!利用者400万人突破!買取強化中車種(例)プリウス・ハイエースバン・ワゴンR・アルファード・ランドクルーザーetc。

 

2)最大手買取:ガリバー
業界最大手、買取台数年間約28万台!だからあなたの愛車も「スグ&高価」買取が期待できる!全国約550店舗展開だから近くて便利!金額だけ知りたい人向け、45秒のカンタン入力、無料査定申し込みもあり。

 

3)オークション:ユーカーパック
簡単!しかも最大5,000社以上が公開入札。だから、より高値が付く!しかも連絡は1社からだけ。だから、わずらわしくない!売却手数料無料もうれしい!

 

4)廃車:カーネクスト
事故車・不動車のプロ。利用者満足度95%!どんな車も全国対応・レッカー無料・廃車手続き全て無料!しかも高価買取!

 

5)車検:楽天車検
やっぱり今は売らず、もう一回車検に通そうとお考えのあなた。楽天車検は、加盟店数No.1!口コミ34,000件以上公開中!だから、あなたに合った車検店舗が見つかるんです。さらに、楽天ポイントも貯まる!

-売却ノウハウ集

Copyright© クルマ高く売り隊 - 愛車高価買取ノウハウ集 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.