【中古車売却】トヨタ プリウス 買取基本情報

投稿日:2017年9月6日 更新日:

プリウス売却基本データと参考買取価格

プリウス

車両イメージ

  • ハイブリッドカーの先駆者として培ってきた優良イメージ(現行新型プリウスは4代目)
  • ナンバー1の低燃費は維持費を抑え、ドライブに出かけやすい
  • PHVを味わうとガッカリするハイブリッドのパワーフィール
2015年式/約24,000km 2013年式/約37,000km 2011年式/約57,000km
1,440,000円 1,235,000円 830,000円

 

プリウス買取事情

1997年に通称10系(型式:HK-NHW10,ZA-NHW11)とよばれるプリウスが発売されてから20年以上が経過していますが、常に省燃費性能では世界をリードし続けている存在で、年式や走行距離から見たリセールバリューは高値水準で推移しています。

ほぼ成熟の息に達したとも言えるハイブリッドシステムTHSⅡは、2代目(20系/型式:DAA-NHW20)から搭載されていますが、代を追うごとに燃費性能が進化し、カタログ上での燃費の数値は1.5Lエンジン搭載の2代目で35.5km/L(10・15モード)、1.8Lエンジン搭載の3代目(30系/型式:DAA-ZVW30)が32.6km/L、4代目(50系/型式:DAA-ZVW50,DAA-ZVW51,)で40.8km/Lという驚異的な燃費性能を誇っています。

なお2代目から3代目において燃費が低下しているのは、それまでの10・15モードからJC08モードへと基準が変更されたことが影響しているためです。

中古車市場においては、特に3代目を中心に流通量が多くなっており、通常は供給過多になることでの相場の下落が懸念されますが、その影響はほとんどなく、

プリウスは、3年落ち・5年落ち・7年落ちとなっても、買取相場は常に高値水準を維持

していると言える、珍しい車種です。

さらに、中古車市場に流通する3代目の中でも特に上級グレードのGや、LEDヘッドライトなどを標準装備したツーリングセレクションなどは人気が高く、かなりの高値で売買されています。

プリウス売却体験談

年式 距離
2013年 約32,000km
売却価格 売却先
125万円 ガリバー
【千葉県】竹内智則(仮名)47歳

燃費のさらなる向上と乗り心地の大幅改善、この二つの評判に惹かれて3代目プリウスから乗り換えをすることにしました。

資金調達のためにも、プリウスを1円でも高く売ることを考えて、ディーラー下取りも考えつつ買取業者へも査定依頼をすることにしました。

業者へは一括査定サイトを利用して4社に見積りを依頼。ボディカラーが赤だったので査定に響くのではないかと気になっていましたが特にそういうこともなかったようで、予想以上の査定額をつけていただいた業者さんに売却することに。

普段だったら、何も考えずディーラーの安い下取り価格で売ってしまうところでしたが、思い切って買取業者へ依頼してよかったと思います。

 

年式 距離
2008年 約75,000km
売却価格 売却先
22万円 ガリバー
【岡山県】藤原大吾(仮名)43歳

SUVに乗り換えるため20系を売却することになった。

ディーラーが提示してきた下取価格は、まぁこんなものかという程度の査定額だったので、一括査定で業者に査定してもらうことにした。

週末に3社に来てもらい、その場で査定してもらったが、結果は今ひとつで、どこもディーラーの査定額と大して差がなかった。話を聞いてみると、20系は中古車市場でも人気がないらしい。

結局、新車の値引きとの関係でディーラーに引き取ってもらうことにしたが、一括査定の話をしたら査定額を2万円上乗せしてくれたこともあり、利用してよかったと思う。

 

 

プリウスのプロフィール

4代目となるハイブリッドカーの代名詞。1800cc+モーターのユニットは全面的に改良され、燃費仕様のEは40.8㎞/ℓ、メイングレードもFFで37.2㎞/ℓと高い水準を誇る。

ボディ剛性アップやリヤにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用するなどして、走行性能と共に乗り心地を向上させ、クルマとしての基本性能を磨き上げたのも現行型のアピールポイント。各グレードに設定されるツーリングセレクションはその傾向が強い。

内装デザインも先進的で、クールグレーと呼ぶ白に近い内装色を設定。ただし黒内装だとパネルのシボが目立ち、質感の高さはいま一歩だ。

4.2インチTFTモニターを横に2つ並べたセンターメーターにさまざまな情報を表示し、Aグレード以上はカラーヘッドアップディスプレイも装備する。センターコンソールは窪んだ形状で、A以上は白くなるため、置いた小物を探しやすい。

パーキングブレーキは旧態依然とした足踏み式で、ここだけは最新セダンらしさが薄い。

先進安全技術は標準装備、オプションともに積極的に採用しており、スイッチひとつで駐車中のハンドル操作をサポートするインテリジェントパーキングアシストも、A以上に標準装備する。

【ベストグレード:S】
●全長×全幅×全高:4540×1760×1470㎜ ●室内長×室内幅×室内高:2110×1490×1195㎜ ●ホイールベース:2700㎜ ●車両重量:1360㎏ ●最小回転半径:5.1m ●エンジン種類:直4DOHC+モーター ●総排気量:1797㏄ ●最高出力:98馬力/5200回転 ●最大トルク:14.5㎏-m/3600回転 ●タンク容量:43ℓ ●燃費:37.2㎞/ℓ

 

【74点】プリウスの評価詳細

プリウス評価

元祖エコカーとして燃費性能を最優先しつつも、新型プラットフォームを採用してクルマとしての基本性能を高めたのが現行プリウスだ。

そのため弱点らしいものはなく、総じて高評価だ。

生産台数が多く、昨年末は即納体制に近い状況だったが、元々値引き余力が小さいハイブリッド専用車であることから渋い値引きが続いている。

ここだけ評価が低くなるが、クルマとしてのデキはかなり高レベルだ。

 

 

今、スグ、あなたに役立つ5社を厳選ご紹介。

1)最大手一括査定:カービュー
Yahoo!グループの日本最大級一括査定サービス!だから納得の査定額が出る!利用者400万人突破!買取強化中車種(例)プリウス・ハイエースバン・ワゴンR・アルファード・ランドクルーザーetc。

 

2)最大手買取:ガリバー
業界最大手、買取台数年間約28万台!だからあなたの愛車も「スグ&高価」買取が期待できる!全国約550店舗展開だから近くて便利!金額だけ知りたい人向け、45秒のカンタン入力、無料査定申し込みもあり。

 

3)オークション:ユーカーパック
簡単!しかも最大5,000社以上が公開入札。だから、より高値が付く!しかも連絡は1社からだけ。だから、わずらわしくない!売却手数料無料もうれしい!

 

4)廃車:カーネクスト
事故車・不動車のプロ。利用者満足度95%!どんな車も全国対応・レッカー無料・廃車手続き全て無料!しかも高価買取!

 

5)車検:楽天車検
やっぱり今は売らず、もう一回車検に通そうとお考えのあなた。楽天車検は、加盟店数No.1!口コミ34,000件以上公開中!だから、あなたに合った車検店舗が見つかるんです。さらに、楽天ポイントも貯まる!

 

※各車両のプロフィール及び評価詳細出典:「ザ・マイカー」(ぶんか社刊)2017年6月号
※当ページに掲載されている価格は、売却価格や査定額を保証するものではございません。参考情報としてご活用ください。
※当ページに掲載されている体験談は、個人的な記憶、経験に基づくものであり、内容の真偽、正確性、有用性を保証するものではございません。

-車種別情報

Copyright© 車査定・売却 - 失敗しない高価査定&売却なら!クルマ高く売り隊 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.