【中古車売却】トヨタ プリウスPHV 買取基本情報

投稿日:2017年10月20日 更新日:

プリウスPHV売却基本データと参考買取価格

プリウスPHV

車両イメージ

  • EVモードはレスポンス、パワーともハイブリッドより好印象
  • 近所の買い物なら余裕のEV走行距離68.2㎞を達成
  • 足踏み式パーキングブレーキはせっかくの先進感が薄れる
2015年式/約24,000km 2013年式/約40,000km
1,288,000円 955,000円

 

 

プリウスPHV買取事情

ハイブリッドカーの代名詞であるプリウスに充電機能を搭載した「プリウスPHV」。

ガソリンを使って発電し、その電気でのモーター走行と通常のエンジンでの走行を併用して燃費を飛躍的にあげるハイブリッドシステム。

そのハイブリッドシステムをもう1段階進化させて、充電施設や家庭、太陽光発電でも充電でき、かつ電気のみで走るEV走行の性能を飛躍的に伸ばしたのがプリウスPHVです。

当初のプリウスPHVはとても評判が悪く、EVでもハイブリッドでもガソリン車でもない中途半端な評価でした。

しかし、2017年に登場した新モデルは多くの人の目から鱗を取ったのです。

4代目プリウスの良いところをすべて引き継ぎ、それに新たな充電システムとEV車として十分な走行距離を備えたことで、ようやく一つの完成形になったと言えるでしょう。

エコカーの代表であるプリウスの進化版とあって、高額な車体価格にもかかわらず、プリウスPHVには受注が殺到し、2017年1月には新車販売台数の1位に輝いています。

ところが平均買取価格はそれほど高くはなっていません。

これは前モデルが大量に中古車市場に流れて、買取価格の平均を押し下げているためです。そのため

前モデルを売却しようと考えている人は、年式が浅いうちに早めに処分した方が良いでしょう。

もちろん現行モデルであれば、年式が浅いこともあり、高額査定が期待できます。

 

プリウスPHV売却体験談

年式 距離
2012年 約60,000km
売却価格 売却先
68万円 カーチス
【栃木県】緒方徹さん(仮名)40歳

環境に優しく最先端の技術が使われていた愛車のプリウスPHVですが、最近のハイブリッド車や電気自動車に関心が出てしまい、買い替えを決めました。次に買うクルマはまだ悩んでいたので、プリウスは買取専門業者へ売却する方向で進め、とりあえず買取一括査定サイトへ登録後、2社の担当者と会うことに。

その後交渉の末、高く買い取ってくれた業者へ売却となりました。

燃費のいいエコカーは人気があり、査定の際も好評価でした。

>うるみ隊長が行く!出張査定の現場に突撃取材

 

プリウスPHVのプロフィール

自宅や充電スポットでこまめに充電すれば、バッテリーでの走行距離を延ばせるのがプラグインハイブリッドカー。

EV走行距離は国交省審査値で68.2kmもあり、近所の買い物などでガソリンを使わない使用も可能だ。

ハイブリッドモードでの燃費もベースとなったプリウスと変わらないため、普通に使いつつ燃費の良さを味わえるクルマだが、後席中央が仕切られた4人乗りなので一般的なクルマとは使い勝手が異なる。

また、バッテリーを多く搭載する分、荷室は床面が高くなっている。

最廉価のS以外は11.6インチ縦型ディスプレイを標準装備し、カーナビやエアコン操作、充電スケジュール操作などに利用できる。

インパネの基本造形はプリウスと同じだが、このナビのお陰で未来的に見えるのもメリットだ。また、約20分の充電で8割までバッテリーが回復する急速充電機能もS以外に標準装備し、日常用途での実用性を高めている。

プリウスのようなツーリングセレクションはないが、A以上に17インチアルミホイールをオプション設定し、走行感覚を求めるユーザーに対応している。

なお太陽エネルギーを利用して最大約6.1km/日分を充電するソーラー充電システムは、S系グレードのみのオプション設定となる。

【ベストグレード:Sナビパッケージ】
●全長×全幅×全高:4645×1760×1470㎜ ●室内長×室内幅×室内高:2110×1490×1195㎜ ●ホイールベース:2700㎜ ●車両重量:1530㎏ ●最小回転半径:5.1m ●エンジン種類:直4DOHC+モーター ●総排気量:1797㏄ ●最高出力:98馬力/5400回転 ●最大トルク:14.5㎏-m/3600回転 ●タンク容量:43ℓ ●燃費:37.2km/ℓ

 

【76点】プリウスPHVの評価詳細

プリウスPHV評価

プリウスと外観を差別化すると同時に走行感覚も大きく変え、誰が乗っても上位モデルと分かるように仕上げている。

走行用バッテリーの搭載量が増えた分だけ荷室床面が底上げされたため、積載能力は下がっているが、そこと価格アップ以外はデメリットを感じない。

デビューから間もないため値引きは渋い。9.6万円のCEV補助金も絡んで来るため、プリウスより高価とはいえプリウス以上の値引きを引き出すのは厳しい。

 

 

今、スグ、あなたに役立つ5社を厳選ご紹介。

1)最大手一括査定:カービュー
Yahoo!グループの日本最大級一括査定サービス!だから納得の査定額が出る!利用者400万人突破!買取強化中車種(例)プリウス・ハイエースバン・ワゴンR・アルファード・ランドクルーザーetc。

 

2)最大手買取:ガリバー
業界最大手、買取台数年間約28万台!だからあなたの愛車も「スグ&高価」買取が期待できる!全国約550店舗展開だから近くて便利!金額だけ知りたい人向け、45秒のカンタン入力、無料査定申し込みもあり。

 

3)オークション:ユーカーパック
簡単!しかも最大5,000社以上が公開入札。だから、より高値が付く!しかも連絡は1社からだけ。だから、わずらわしくない!売却手数料無料もうれしい!

 

4)廃車:カーネクスト
事故車・不動車のプロ。利用者満足度95%!どんな車も全国対応・レッカー無料・廃車手続き全て無料!しかも高価買取!( お早めに!)2月中の廃車で税金が1か月分戻る!自動車税が2月までの負担で済みます!

 

5)車検:楽天車検
やっぱり今は売らず、もう一回車検に通そうとお考えのあなた。楽天車検は、加盟店数No.1!口コミ34,000件以上公開中!だから、あなたに合った車検店舗が見つかるんです。さらに、楽天ポイントも貯まる!

 

※各車両のプロフィール及び評価詳細出典:「ザ・マイカー」(ぶんか社刊)2017年6月号
※当ページに掲載されている価格は、売却価格や査定額を保証するものではございません。参考情報としてご活用ください。
※当ページに掲載されている体験談は、個人的な記憶、経験に基づくものであり、内容の真偽、正確性、有用性を保証するものではございません。

-車種別情報

Copyright© クルマ高く売り隊 - 愛車高価買取ノウハウ集 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.