【中古車売却】日産 ムラーノ 買取基本情報

投稿日:2019年10月11日 更新日:

うるみ
うるみ
今日は日産ムラーノを高く売却するコツを紹介します!
ムラーノといえば日産の高級SUV。ぼちぼち車齢が高くなってきているクルマだから、そろそろ買い替えを考えている方もいるかもしれないね。
猫田
猫田
うるみ
うるみ
だったらまずは一括査定でしょう!
さて、それはナゼでしょうか?
この記事ではムラーノを高く売るコツ、ポイントをご紹介します!
犬山
犬山

 

ムラーノを高く売りたいならまずは一括査定

2014年式・250XV FOUR 4WD/約29,000km
1,835,000円

 

ムラーノの参考買取価格

2014年式・250XV FOUR 4WD/約29,000km 2014年式・250XV/約49,000km 2013年式・350XV FOUR Mode 4WD/約71,000km
1,835,000円 1,218,000円 1,215,000円
2012年式・250XV/約129,000km 2010年式・250XL/約69,000km 2008年式・250XL/約125,000km
460,000円 548,000円 130,000円

 

ムラーノのリセール事情

ムラーノを高く売却するための大きなポイントは、ディーラー下取りではなく、

買取専門店に売却する

ことだと言えるでしょう。

北米向けに生産されたのち、その反響から2004年に日本でも登場、2014年まで日産の最上級SUVとして販売されたムラーノ。

高級感漂う内外装、快適なドライブを実現するために後輪サスペンションにマルチリンクを採用するなど走りにもこだわり、個性的なデザインにもかかわらず国内外の車好きの憧れの一台となりました。

時代のトレンドが大型SUVから中型SUVへと移り変わり、その役割をエクストレイルに引き継ぐ形で、2014年にムラーノは生産終了になりましたが、中古車市場では今もなおSUVファンの根強い支持を得ています。


 

ムラーノの買取価格の傾向

それではムラーノの買取価格の動向を見てみましょう。

先ほども触れたように、生産終了とはなったものの今なおSUVファンには人気の車ですので、

買取価格の傾向は堅調

のようです。

人気のグレードはXLの2500cc仕様の250XL。本革パワーシートをはじめ標準装備品が豪華なXV、XV FOURシリーズも高価買取が期待できます。

しかし、ムラーノは高級車の部類に入る車ですので、何よりも車の状態、つまり内外装の状態と走行距離、年式が査定額に大きく影響してきます。

ムラーノの売却を検討されているのであれば早め早めに行動することが、高く売却するためのもうひとつのポイントと言えるでしょう。

>まずは無料査定。お申込はこちら

 

ムラーノの売却先は買取業者がおトク!

前述したように、ムラーノを売却するのであれば、ディーラー下取りではなく、まずは買取業者に相談することをオススメします。

実際、ムラーノに限らず、車の状態によって違いは出てくるものの、ディーラーの下取りよりも買取業者の方が高く買い取ってもらえるケースが多いのです。

その価格差は、ディーラー下取りの平均査定額よりも5万円~15万円高いというデータがあるほど。

なぜこれほど査定額に差が出てくるのでしょうか?
 

車買取業者は転売ルートが豊富

その理由の一つ目に挙げられるのが、買取専門店は車を高く転売できるルートや知識を豊富に持っているということです。

ご承知の通り、買取専門店は買取をした車を転売することで利益を上げています。

転売ルートも多岐にわたり、国内のみならず海外にまでネットワークを広げている買取業者も存在します。

海外では、日本では廃車にするしかないような低年式、過走行の車でも、まだまだ需要がありますので、そういった販売網を持っている業者であれば、国内では高く転売できないような状態の車でもそれなりの値段で引き取ってくれるのです。

ムラーノは元々北米で生産され、結果的に世界で50万台売れたと言われます。

当然海外での再販も期待できますので、海外に販路を持つ業者であれば思わぬ高値がつくかもしれません。

そういった点も、ディーラー下取りではなく、買取専門業者をお勧めする理由なのです。
 

買取業者間の価格競争が査定額に反映される

二つ目の理由として、買取業者間の価格競争が挙げられるでしょう。

ご存知のように、現在の日本には全国規模で展開しているような大手買取業者から、地域密着で長年営業している小規模な買取業者まで、実に多くの買取専門業者が存在します。

それだけ多くの買取業者が存在するということは、その分競争が激しいということでもあります。

どの業者も1台でも多く車を買い取るために日々力を尽くしており、その姿勢が買取査定額にも反映されているというわけです。

一方、ディーラーに目を向けてみると、ディーラーはあくまでも新車を売ることが目的であり、下取りで利益を上げているわけではありません。

言い換えれば下取りは新車を売るためのサービスの一部でしかなく、そのため買取専門店より査定額が低い傾向になるのは必然とも言えるのです。

このような理由から、車を高く売却したいのであれば買取業者に相談することをオススメするわけです。

 

まずは相見積を!

とは言え、買取専門店であればどこでも同じような査定額が出るということではありません。

買取業者によって扱う車の傾向や台所事情も異なりますので、ご自分の車と売却先の需要が合わないと、査定額も低く見積もられてしまう可能性があるのです。

例えば、人気車種の在庫を売りにしている店であれば、売れ筋の車を見つけたら積極的に高い査定額をつけて買い取ろうとするでしょう。

逆に、在庫が過剰になっている車種であれば、たとえ良い状態の車でも消極的な対応にならざるを得ません。

また、馴染みの顧客から欲しい車の要望、いわゆるバックオーダーを受け付けているような買取店では、探している車種に巡り会えれば当然相場以上の高値でもいいから買い取りたいと考えるでしょう。

一方で、ムラーノのような高級SUVを軽自動車を専門にしている業者へ売却しようとしても、適当な値段で買い叩かれてしまうのが落ちということも想像に難くないと思います。

このように買取店の様々な事情によって価格差が生じてくる可能性がありますので、可能であれば5社程度、

少なくとも3社からは査定を受けて相見積を取る

ことが大切になってくるのです。

>無料査定申込はこちら

 

一括査定が便利!

しかし、実際に複数の店舗を訪れるとなると、かなりの時間と手間がかかってしまいます。

普段お仕事をされている方は、貴重な休日を買取店巡りに削らなければならず、その上多くの店舗を回るとなれば、何週もかかってしまうことになります。

また、前述したように買取店によって扱う車の傾向が異なりますので、行き当たりばったりで回っては徒労に終わる確率が高いでしょう。

まして、海外に販路を持った業者となると、何を頼りに探し出せばいいのか素人には見当もつきません。

そこでお勧めするのが一括査定サイト。

一括査定査定を利用すれば、一回申し込みをするだけで複数の業者へあなたの愛車の情報が行き渡り、興味を持った業者の方からアプローチしてくれるのです。

先ほども触れたように一括査定を利用した結果、ディーラーの下取りなどに比べ、10万円以上高く売ることができたという報告が多くあることも考えると、

一括査定は車を高く売るためには間違いなく有効な手段

である、と言ってもいいのではないでしょうか。

忙しい現代人にしてみれば、何回も何日も査定と交渉に時間を取られるのはあまりにも非効率的。

一括査定サイトを上手に利用して、ムラーノを賢く売却してみてはいかがでしょうか。

 

今、スグ、あなたに役立つ5社を厳選ご紹介

1)最大手一括査定:カービュー

Yahoo!グループの日本最大級一括査定サービス!だから納得の査定額が出る!利用者400万人突破!買取強化中車種(例)プリウス・ハイエースバン・ワゴンR・アルファード・ランドクルーザーetc。

 

2)最大手買取:ガリバー

業界最大手、買取台数年間約28万台!だからあなたの愛車も「スグ&高価」買取が期待できる!全国約550店舗展開だから近くて便利!金額だけ知りたい人向け、45秒のカンタン入力、無料査定申し込みもあり。

 

3)オークション:ユーカーパック

簡単!しかも最大5,000社以上が公開入札。だから、より高値が付く!しかも連絡は1社からだけ。だから、わずらわしくない!売却手数料無料もうれしい!

 

4)廃車:カーネクスト

事故車・不動車のプロ。利用者満足度95%!どんな車も全国対応・レッカー無料・廃車手続き全て無料!しかも高価買取!( お早めに!)2月中の廃車で税金が1か月分戻る!

自動車税が2月までの負担で済みます!

 

5)車検:楽天車検

やっぱり今は売らず、もう一回車検に通そうとお考えのあなた。楽天車検は、加盟店数No.1!口コミ34,000件以上公開中!だから、あなたに合った車検店舗が見つかるんです。さらに、楽天ポイントも貯まる!

 

※当ページに掲載されている価格は、売却価格や査定額を保証するものではございません。参考情報としてご活用ください。

-車種別情報

Copyright© 車査定・売却 - 失敗しない高価査定&売却なら!クルマ高く売り隊 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.